News&Topicks郡山

関連講演会、計3回(7月16日、7月21日、8月19日)開催決定

「ターナー 風景の詩」展の郡山会場では、関連講演会を計3回おこないます。

第1回目は、7月16日(月・祝)、高階秀爾氏(大原美術館館長、東京大学名誉教授)「風の歌声・光の夢―ターナー芸術の眞髄」。

第2回目は、7月21日(土)、森正人氏(三重大学教授)「ターナーが見たもの/ターナーを見たもの―19世紀イギリス社会から考える―」。

第3回目は、8月19日(日)、千足伸行氏(広島県立美術館館長、成城大学名誉教授)「光は海峡を越えて:ターナーのロマン主義からモネの印象主義へ」。

いずれも午後2時から郡山市立美術館多目的スタジオ(入場無料)で開催します。

事前予約はいりません。貴重な機会となりますので、ぜひご聴講ください。

 

《モンテ・マリオから見たローマ》
1820年
水彩、スクレイピングアウト・紙
エディンバラ、スコットランド国立美術館群
©Trustees of the National Galleries of Scotland